ベビーソープマガジン
> > ベビーソープは無添加で低刺激のものを選ぶべきか?

ベビーソープは無添加で低刺激のものを選ぶべきか?

ベビーソープは無添加で低刺激のものを選ぶべきか?

赤ちゃんや幼児の肌はとてもデリケートなため、ベビーソープはできるだけ無添加のものを選ぶようにしたいものです。
その理由はもちろん安全性と低刺激のためであり、赤ちゃんにはそれが一番大切ではないでしょうか。

ここでは無添加についてもう少し掘り下げてみましょう。
そしてベビーソープやベビーシャンプーにとっての無添加表記の落とし穴についてもご紹介したいと思います。

そもそも無添加とは?

イチゴ「無添加」というとイコール安全というイメージがあります。
しかしそもそも「無添加」という言葉は添加物がないということであり、添加物がないベビーソープは、逆にあり得ないはず。

例えばイチゴそのものは無添加と言っていいでしょう。
イチゴに砂糖を足して煮詰めたイチゴジャムは、無添加とは言えないわけです。つまりイチゴに砂糖を添加してあるからです。
しかし実際にはイチゴジャムに添加物や香料、着色料などが使われていないものを無添加イチゴジャムと言います。

このように食品をはじめ化粧品やシャンプーなどに使われている、「無添加」という言葉の意味はとても不確かなものなのです。
ある意味では「合成添加物は入っていませんよ~」という意味があり、ある意味では「純正だから何1つ入っていませんよ~」という意味もあるのです。
無添加とはとても不確かな意味で使われていることも知っておきましょう。

無添加と書いてあるから良いとは限らない

「無添加」はとても不確かな意味で使われているというお話をしましたが、この不確かな意味こそ、いろいろな錯覚も起こしてしまいます。
またメーカー側はこの錯覚を狙って「無添加」という言葉を商品に表記している場合もあります。
もちろんウソの表記をすることは法律的にも罰せられてしまいます。

しかし商品パッケージなどをよく見ると、「○○無添加」と書かれているはずです。
つまり「○○については無添加ですよ」ということなのです。逆に「○○以外は添加物もありますよ」という意味になります。

「無添加」という文字を見るだけで、私たちは合成香料、着色料、合成防腐剤、合成界面活性剤、合成酸化防止剤など「全て無添加なんだ」とイメージしてしまうのではないでしょうか。

確かにこれらの成分の無添加商品に「無添加」という表記をしている商品もありますが、説明を読んでみると「○○が無添加」ということもあるので注意しなければなりません。
「無添加」という言葉の持つイメージに騙されてはいけないということなのです。

無添加の対象となる成分

ベビーソープやベビーシャンプーに対しての「無添加」という表記の対象になる成分についてご紹介しましょう。

合成香料 香り付けに使われる成分
合成着色料 色付け・見た目のイメージや美しさのために使われる
鉱物油 ミネラルオイルである成分
硫酸系界面活性剤 ラウリル硫酸Naとかラウレス硫酸Naなどの成分で洗浄成分である成分
パラベン 防腐剤の1つ。商品の腐敗を防ぐ
安息香酸塩 防腐剤の1つ。雑菌の繁殖を抑える効果がある
エデト酸塩 変質を防止するキレート剤など
シリコン コーティング剤として有名な成分
合成界面活性剤 石鹸以外の洗浄成分で天然由来ではない成分

他にも「パラベン」や「ラウリル硫酸」「エデト酸」「安息香酸」など102種類の成分があります。

無添加表記がなくても安全なベビーソープはある

無添加表記のあるものは絶対に安全かというと、「○○、○○、○○無添加」などと書かれていれば、それだけが無添加であり、他のものは添加している可能性もあります。
そのため無添加表記があってもすべてが安全とは言い切れないのです。

逆に無添加表記がなくても赤ちゃんの肌を研究し、安全を十分考えた上で、どうしても必要な添加物は最低限度使用し低刺激で赤ちゃんに影響がないように作られたベビーソープもあります。

細かい薬剤のネーミングなどの知識のない一般のママたちにとって、「無添加」の言葉に頼るより、信頼のできるメーカーのベビーソープを選らんだ方が安全ではないでしょうか。