ベビーソープマガジン
> > アロベビーベビーソープは99%天然由来成分で敏感肌の大人でも使用できる

アロベビーベビーソープは99%天然由来成分で敏感肌の大人でも使用できる

アロベビー

日本産オーガニックスキンケアのベビー用のブランドとして株式会社N&O Lifeという会社が開発した「アロベビー」。FacebookやimstagramなどのSNSでもアロベビーを紹介している先輩ママさんを見かけます。

天然由来成分で作られているシャンプーはたくさんありますが、ベビー用シャンプーとなると実はまだそんなに種類がありません。
その中でもアロベビーベビーソープは原材料を99%以上天然由来成分で開発した肌に優しいベビーソープです。
今回はそのアロベビーのベビーソープを実際に購入してみたので、成分のチェックや使用感についてレビューしてみたいと思います。

アロベビーベビーソープの全成分について

アロベビーの全成分

水、プロパンジオール、タンカン果実水*、ラベンダー花水*、ラウリルグルコシド、ラウリルベタイン、グリコシルトレハロース、ココイルグルタミン酸2Na、加水分解水添デンプン、カブリル酸グリセリル、ココイルグルタミン酸Na、PCA、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、ウンデシレン酸グリセリル、ラベンダー油*、ダマスクバラ花油*、安息香酸Na(*はオーガニック原料)

上記がアロベビーベビーソープの全成分です。

界面活性剤には

  • 植物由来のラウリルグルコシド
  • ラウリルベタインというアニオン界面活性剤
  • ココイルグルタミン酸2Na(ココイルグルタミン酸Na)というアミノ酸系界面活性剤
  • カブリル酸グリセリルという植物性油脂由来の界面活性剤
  • ウンデシレン酸グリセリルという植物由来の合成界面活性剤

が使用されています。どれも界面活性剤としてはマイルドで洗浄力は弱いですが、その分肌に優しく洗い上げることができます。
石油系界面活性剤やパラベンは使用していないため、新生児から安心して使用することができます。

余談ですがベビーブーバというベビーソープと同じ工場で作っており、成分的には互いに似ている商品もあります。

アロベビーベビーソープの保湿成分

グリコシルトレハロース

化粧品に使用されることの多い保湿成分です。
トウモロコシ由来の天然の糖質でグリコシルトレハロースが結合したものと言われています。皮膚を保護するバリア機能や高い保湿力を持っています。

加水分解水添デンプン

デンプンを酵素溶液で分解して水素を加えた保湿成分。
小麦やトウモロコシを原料としていて、安全性も高く水分の保持力が高いことから多くのスキンケア商品にも使用されることの多い成分です。

PCA

別名ピロリドンカルボン酸とも呼ばれる保湿成分です。
天然保湿因子の保湿成分のため高い保湿効果を発揮します。もともと皮膚の角質の保湿成分のため、毒性や皮膚への刺激は殆どありません。

香りはリラックス効果が高いと言われるラベンダーの香り

アロベビー

香料はリラックス効果があるアロマの代表的なラベンダー油、希少なダマスクローズの花から水蒸気蒸留法で抽出したダマスクバラ花油というオーガニック成分を使用しています。

本来新生児に使用するベビーソープは香料が付いていない方が良いとされていますが、実は限定的に使用可能な匂いがあり、その1つがリラックス効果のあるラベンダーの香りです。

ラベンダーの香りは精神的な不安を癒しつつ安眠効果があるとされていて、大人でも使用されることの多いアロマオイルの1つです。
そのため、新生児でも不安を和らげ夜泣き予防などにも効果があるとされています。

実際にアロベビーベビーソープを使用してみました!

実際にアロベビーベビーソープを使用してみた感想を書いてみたいと思います!

アロベビーのボトル

アロベビーベビーソープのボトルは白を基調とした珍しい四角型のボトルとなっていて、プッシュすると泡が出てくるタイプです。

容量は250mlのため、ドラッグストアなどで販売されているベビーソープと比べるとけっこう少な目。

正直もうちょっと容量が欲しかったところです。

ただし、そもそもの配合成分が高品質のため、これはごく自然なことだと思います。
ちなみに購入時にはポンプ部分にはストッパーが付いていました。

アロベビー1プッシュ

実際にポンプを押して泡を出してみるとクリーミーな泡が出てきます。
テクスチャとしては固過ぎず、柔らかい泡ですが多少弾力がある感じです。濡れた手で泡を出すと徐々に溶けていきます。
きめ細かい泡なので実際の感触としては気持ち良いです。

アロベビー4プッシュ

だいたい4プッシュでこの上記の写真くらいの泡が出ます。
どのくらいの量を使用するかは個人差があるかと思いますが、1歳児くらいの頭を洗うほどであれば4~6プッシュくらいで丁度いいのかもしれません。

匂いは上記でも解説した通りラベンダーの香りのため、泡を出した瞬間ラベンダーの香りがします。
ただしラベンダーの香りは普段嗅ぎ慣れていない人だと少しキツいと感じあるかもしれません。

私も最初は匂いに慣れず「うわっ」と思ってしまいました。

ただ泡を出した瞬間こそラベンダーの香りはしますが、徐々に馴染んでいくためだんだんと匂いは薄れていきます。
流し終わった後子どもの髪や体から思いっきりラベンダーの香りがすることもありませんでした。

泡立ちに関してはお世辞にも良いとは言えませんが、ベビーソープやベビーシャンプーの泡タイプは基本どの商品も泡立ちは良くないので、その点に関しては普通というレベルかと思います。
泡切れは良いため洗剤がしつこく残ることなくさっぱり洗い上げることができました。

ちなみに個人的にベビーシャンプーで一番良い匂いのするのはぬくもり泡シャンプーだと思います。

大人がアロベビーベビーソープを使ってみた感想

アロベビーの泡

今回のレビューでは髪(頭)のみでアロベビーベビーソープを使用してみました!
体にも問題なくアロベビーベビーソープは使用できますが、泡立ちが悪いため大人の体に使用していたらすぐにソープ液が無くなってしまうと思われます。

使用感としてはやはり泡立ちが悪く、5~6プッシュほどではすぐ泡が消えてしまいます。
そのため、5~6プッシュを2、3回ほど髪に馴染ませる必要がありました。

ロングヘアーの人はさらに多くの量を必要とするため、大人がアロベビーベビーソープを使用するにはコスパは良くないという印象です。

ただし、成分自体は天然由来成分を使用し肌に優しいソープのため、大人用のシャンプーなどで肌が荒れてしまう敏感肌の人や、デリケートゾーンの洗浄などにはおすすめです。

総合評価「低刺激のベビーソープを求めている人にはおすすめ」

アロベビー

アロベビーベビーソープの総合評価としては肌にはやさしいベビーソープだと思いました。
やはりオーガニック成分で開発していることで新生児から敏感肌の大人まで安心して使えるという点が特徴的です。

ただし、容量が250mlというのはやはりコスパが悪いという印象です。

特に赤ちゃん~幼児の頃の肌や頭皮は非常に乾燥しやすくフケも出やすいため、心配な方がオーガニック成分のベビーソープを使ってみてはいかがでしょうか?

>>化粧品会社社員が選ぶおすすめベビーソープランキング