ベビーソープマガジン
> > 香り付きのベビーソープのメリットデメリット

香り付きのベビーソープのメリットデメリット

香り付きのベビーソープのメリットデメリット

ベビーソープの中でも、香りのない無香料タイプとほのかに香りがついた微香タイプがあります。
もちろん香りがあったとしても、軽い優しい香りですが、それでもやはり添加物は避けて、無臭のベビーソープの方がいいのでしょうか。
香り付きのベビーソープのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

新生児の使用するベビーソープは無臭タイプがいい?

新生児の使用するベビーソープは無添加、無香料が基本と言われています。
添加物の中でも合成香料、合成着色料、合成防腐剤、合成界面活性剤、合成酸化防止剤などは、成人でもできるだけ使いたくないと言われている成分です。

確かに腐敗しないことも大切です。
落ちもすっきり落ちる方が気持も良いし、良い香りや綺麗な色は使っていても気持が良いかも知れません。
しかし添加物は刺激が強く決して肌に良くはないのです。

成人よりずっと皮膚も薄く敏感な赤ちゃんに、これらの添加物を使ったソープは絶対に避けたいものです。
そしてベビーソープであっても、これらの成分が多少含まれているものや、使わないことをこだわって作られているものなどいろいろ。
そのためママたちはやはり添加物を使っていないベビーソープを選んであげるようにしたいものです。

香料は赤ちゃんにとって刺激になる?

香りが付いているベビーソープもありますが、使用しているときのママの気持ちを考えて香りを付けられているものもあります。
やはり赤ちゃんを沐浴させているときに、優しい香りがするだけでママの気持ちも癒されます。

しかし例え自然の香りであっても、赤ちゃんにとっては刺激が強い物がほとんどです。
そのため一般的にはベビーソープは無香料が良いと言われているのです。

香料の付いているベビーソープのメリット

ママと赤ちゃん香りの付いているベビーソープのメリットには、まず上でもご説明したとおり、沐浴をさせているママの気持ちが、優しい香りで癒されるという面があります。

また、沐浴から上がってからも赤ちゃんはほんわりと香料の香りがして、ミルク臭さなどを消すことができるというメリットがあります。
しかしこのことはママなどの大人にとってもメリットであり、実は赤ちゃんにとってはあまりメリットではないようです。

香料の付いているベビーソープのデメリット

大人が良い香りと感じるものでも、赤ちゃんにとっては刺激の強く、ストレスを感じる香りの場合もあります。
また香り成分によっては赤ちゃんの肌に刺激が強いこともあり、慎重に選ぶことが大切です。

また赤ちゃんはすべて肌が薄く、とても敏感です。
少しでも刺激のあるものは避けるべきであり、天然の香りであっても一部を省いては、天然でも刺激が強かったり、赤ちゃんにとってはリラックスできない香りというものもあります。

赤ちゃんはママの母乳の臭いをかぎ分けて、おっぱいを飲むと言われています。
赤ちゃんの臭覚は大人よりずっと発達しており、ママの臭いがベビーソープの香料で消えてしまうことによって、不安になってしまうことにもあるのです。
赤ちゃんの不安は大人の不安と違い、成長抑制に直接かかわるため、できるだけ不安を感じさせないことが重要なのです。

ラベンダーとカモミールだけは赤ちゃんにも好影響を与える香料

100%天然のラベンダーカモミールについては、赤ちゃんにも良い効果があると言われています。
ただし、どんなに赤ちゃんにもおすすめの香りだとしても、香りの濃度は極力薄いものでなければ、新生児にとって刺激になってしまうことに。

微香であればラベンダーとカモミールなどは赤ちゃんのストレスを解消し、心の安定を促す効果があると言われています。

しかし、基本的にそれ以外の香料は避けるようにしたいものです。

香料付きのベビーソープやベビーシャンプーでも使用できるのはだいたい1歳半頃。
それまでは無香料タイプか、香料のあるものでもラベンダーかカモミールタイプのものをおすすめします。

カモミールの香りのベビーシャンプーと言えば

インスタ

カモミールの香りのベビーシャンプーと言えばぬくもり泡シャンプー
「良い匂い♪」という口コミも多く、多くのママに人気の香りのベビーシャンプーです。