ベビーソープマガジン
> > 沐浴剤タイプのベビーソープのメリットデメリット

沐浴剤タイプのベビーソープのメリットデメリット

沐浴剤タイプのベビーソープのメリットデメリット

赤ちゃんによってはお誕生ぐらいまで沐浴をします。
もちろん抱っこしてママやパパが湯船に入れることもありますが、新生児のうちは沐浴がほとんどです。

そこで沐浴剤タイプのものがいいのか、一般のベビーソープがいいのか迷っているママもいるのではないでしょうか。
ここでは沐浴剤タイプのメリット、デメリット、沐浴剤の使い方や選び方などをまとめてみましょう。

沐浴とは?

産後、病院から退院すると、赤ちゃんの沐浴は自宅やおばあちゃんの家で行います。
お湯の中にもし落としてしまったらどうしようと、初めてのママやパパはどきどきすることでしょう。

沐浴というのはベビーバスなどにお湯を入れて、そこに赤ちゃんを入れてキレイにしてあげることです。
このときには沐浴剤を使うことが多くなります。

もちろん赤ちゃん用のボディーソープなどでもOKですが、シャワーなどで石けん分を落とすことのいらない沐浴剤も人気です。
沐浴は赤ちゃんの皮膚を清潔にし、湿疹や皮膚のトラブルが起こらないようにするため、赤ちゃんの体調が良ければ毎日行います。

赤ちゃんの毛穴は大人と同じ数があるため、汗もたくさんかきます。
首などは自由に動かないので、蒸れてしまい皮膚が真っ赤になることも。
おっぱいを飲むときにおっぱいを口から垂らしたり、よだれを垂らしたりするため顔から首、胸が汚れることも。
うんちやおしっこで、お尻が汚れることもあります。
特に新生児のうんちは緩いのでお尻はかぶれやすいのです。

沐浴剤とは?

沐浴剤とは沐浴のときにベビーバスに入れるもので、ベビーソープのようにすすぐ必要がない、成分も洗浄力もとてもソフトなものです。
保湿成分が配合されているものも多く、体に残っても問題のない成分でできています。
そのためベビーバスから上がるときにも、特にシャワーやキレイなお湯を赤ちゃんに掛ける必要はありません。

沐浴剤を使用するメリット

沐浴新生児の赤ちゃんはふにゃふにゃ状態です。
そんな赤ちゃんをベビーバスで沐浴させるときに、ベビーソープなどを付けたり、すすぐために新しいお湯を掛けるなどしなくてもいいのでとても便利です。
ただベビーバスの中でお湯を掛けながら、優しく洗ってあげれば終了です。

あとはそのままバスタオルにくるんで、お着替えするだけ。
だからママも一人で沐浴させることができます。

成分も優しいもので作られているので、赤ちゃんにとっても肌に負担がありません。
とにかく沐浴のときには、しなければならない動作を少しでも減らして、赤ちゃんをキレイにしながら、安全に沐浴させることが重要です。
沐浴剤なら簡単に沐浴ができ、赤ちゃんの安全に集中するできるところもメリットです。

沐浴剤を使用するデメリット

沐浴剤は成分も優しく、すすぐ必要がないように作られています。
それがメリットでもあるわけですが、実は肌の弱い赤ちゃんなどは残った沐浴剤の成分によって赤くなる場合も。

安全な天然成分であっても、肌に残った成分によって刺激を受けてしまったり、メーカーによってそれぞれ成分が違うため、赤ちゃんにも相性があります
赤くなったときには沐浴剤を変えてみたり、上がるときにキレイなお湯をサッと掛けるなど二度手間が必要な場合もたまにあります。

また、石けんやベビーソープに比べ、洗浄力が弱いところもデメリットであり、逆に刺激が弱いというメリットにもなるところです。

ベビーソープとの併用

生後半年程度の赤ちゃんであれば、特に洗浄力が強くなくても大きな問題はありませんが、赤ちゃんの汚れが気になったときには、ベビーソープを使ってみましょう。

通常は沐浴剤を使い、汚れが多いときにはベビーソープを使うという方法もおすすめです。
少し下痢などしたときには、便に毒素があるのでかぶれやすくなります。
そんなときにはベビーソープでお尻を洗うなど、両方を上手に使い分けましょう。

沐浴剤の選び方

沐浴剤を選ぶときには、その成分をしっかりチェックしましょう。
沐浴剤はすすぎはいらないので、当然安全な成分にこだわったものがほとんどですが、成分チェックをしてから購入しましょう。

成分についてよく分からないときには、信頼のできるメーカーのものを選び、天然保湿成分などの配合されたものがおすすめです。

沐浴剤の使い方

沐浴剤は商品の説明書に書かれている分量を、ベビーバスのお湯の中に溶かし入れます。
サッとかき回せばOK。
赤ちゃんをベビーバスの中に入れて、首をしっかり支えながら片手でガーゼやガーゼハンカチなどを使い、沐浴剤の入ったお湯で体を軽くさすって汚れや汗などを流して上げます。

頭もすべてガーゼを使ってお湯を掛けながら、優しく汚れを取っていくようにしましょう。
最初に顔と頭を洗い、それから体、最後にお尻という順番で洗います。
洗い終わったら、少しお湯の中で体を温めてから出してあげましょう。

沐浴剤はいつまで使うのか

沐浴剤はとっても便利ですが、いつまで使えるのでしょう。
沐浴をしている期間は沐浴剤を使ってもOKです。
特に決まりはありません。

大体生後0カ月~半年ぐらいまで沐浴をすることが多く、あとは大人と一緒のお風呂に入ることも増えてきます。
ママやパパと湯船に浸かれるようになっても、お誕生ぐらいまではベビーバスの中で体を洗うようにしているママもいます。

しかし、生後半年過ぎて沐浴剤を買い換えるときには、ベビーソープに替えてみてもいいと思います。

また、夏などは子どもでも行水をさせることがありますが、こまめに汗を流したいときなど沐浴させることもあります。
そんなときには沐浴剤が残っていれば、使い切ってしまいましょう。