ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんの髪が爆発!?ボサボサに逆立つ原因は?

赤ちゃんの髪が爆発!?ボサボサに逆立つ原因は?

髪が逆立っている赤ちゃん

赤ちゃんの髪の毛は、ボサボサと逆立っていることがあります。
もちろん赤ちゃんによって個人差はありますが、ボサボサの赤ちゃんをよく見かけます。
しかしこのまま大人になったら、ボサボサで困るんじゃないかと不安に思っている人もいるママもいるのではないでしょうか。

これは赤ちゃんのうちだけなので心配することはありません。
なぜボサボサの爆発したような髪の毛になるのか掘り下げてみましょう。

ボサボサ髪の毛になる理由

赤ちゃんの髪の毛が、爆発したようにボサボサになる理由には、まず赤ちゃんの髪の毛の質の問題があります。
赤ちゃんの髪の毛は胎毛という産毛です。

産毛らしい質の胎毛の赤ちゃんや、黒々とした大人の髪の毛のような胎毛の赤ちゃんなど、赤ちゃんによってそれぞれ。
それでも産毛である胎毛は、ほとんど細くてコシのない柔らかい髪の毛です。
単に細く軟らかい毛の場合は、大人でも猫っ毛と言われ、ぺったんこになってしまいます。
つまり産毛も本来なら同じようにぺったんこになるはず。
そして確かにぺったんこの赤ちゃんもたくさんいます。

では、なぜ爆発したような髪の毛になってしまうのでしょう?
実は赤ちゃんの髪の毛は水分量が少なく乾燥している傾向にあり、静電気の影響を強く受けてしまいます

つまり静電気によって、爆発したように髪の毛が立ってしまうのです。
胎毛がすべて生え替わるのは3~4歳と言われており、その頃にはもうボサボサ髪の毛は落ち着いてくるでしょう。

赤ちゃんの髪の毛と幼児になってからの髪の毛とではまったく違う

赤ちゃんの髪の毛のイメージは、幼児になるとまったく違った髪質になることがほとんど。
小学校に入学するぐらいになると、その子独自の個性的な髪の毛質になってきます。
赤ちゃんのときにボサボサでも、結局幼児になるとそんなに毛の多いタイプでないこともあるのです。

生まれたときから髪の毛がボサボサしている赤ちゃんや、生まれたときにはあまり髪の毛が生えていない赤ちゃんなどいろいろ。

しかしその毛質は、小学生に上がる頃には、まったく違った毛質になることがほとんどです。

母乳やミルクが影響しているの?

ミルクを飲んでいる赤ちゃんボサボサの髪の赤ちゃんに対して、母乳に問題があるんじゃないか、ミルクが合わないんじゃないかなどと言う人がいますがそれはまったくの誤解です。

栄養の問題であれば同じママの母乳を飲んでいる双子など毛質も同じはず。
しかし双子でも一人だけがボサボサ髪ということは少なくありません。

生え替われば落ち着く

大人の髪に生え替われば、ほとんど爆発したような髪の毛は治まります
ただし大人の髪の毛に生え替わった場合、大人の髪自体が硬く太い髪質の場合もあり、そんな毛質の場合は3~5㎝程度の長さになるとボサボサに爆発したようになることもあります。

また、生え替わっても猫っ毛のような質の毛の場合はボサボサにはならず、ぺったりとしたイメージになることがほとんどです。

静電気を起こさないこと

赤ちゃんの髪の逆立つのを避けるには、静電気を起こさないようにすることが重要です。

ベビー服など化学繊維の物を避け、木綿、絹、ウールなど天然素材のものがおすすめ。
またママの服装も注意しましょう。
おむつを替えたり、おっぱいをあげたり、抱っこしたりと赤ちゃんとの接触が多いママの服なども、天然素材を意識したいものです。

またシーツなどは綿製品がほとんどですが、掛け布団などのカバーは化学繊維が使われているものもあるのでチェックしてから使用しましょう。

静電気は赤ちゃんの髪の毛を立たせてしまうだけでなく、パチパチと赤ちゃんに刺激を与えて驚かせてしまったり、痛みを感じてしまうこともあるためできるだけ避けたいのです。
大人でも瞬間痛いと感じる静電気もあります。
赤ちゃんがあのような感覚を味わえば、強いショックを感じるため避けることを意識しましょう。

ドライヤー・ベビーオイル・保湿性の高いベビーシャンプーを上手く使用する

ドライヤーが使えるようになれば、ベビーオイルをつけてから軽くドライヤーをかけると落ち着きます。
ドライヤーを使える月齢は、はっきりした決まりはありません。
ママが注意をして使うことが原則です。

髪の毛を乾かすということに関しては、頭皮のためにもおすすめですが、熱風を出さないようにしましょう。
もし間違って赤ちゃんの顔にかかってしまったら火傷してしまいます。
冷風あるいは弱い温風を、顔に当てないように使いましょう。

また、できるだけ保湿性の高いベビーシャンプーを使用することもおすすめします。

赤ちゃんから使えるボタニカル泡シャンプーがおすすめ

インスタ
赤ちゃんの髪にうるおいが足りていないと感じているのであれば、このぬくもり泡シャンプーがおすすめ。
天然植物エキスがメインで処方されているため、通常のベビーシャンプーよりも保湿力が高いのがポイントです。

洗い上がりはしっとりして髪がまとまっていると口コミで人気が高いアイテムの1つです。
もちろん新生児から使用できます。

ぬくもり泡シャンプーを詳しく見る

ヘアバンドを上手に利用する

赤ちゃんは頭に大泉門という、骨と骨の継ぎ目があります。
お誕生を迎える頃にはほとんどその継ぎ目は閉じますが、まだ数ヶ月の赤ちゃんの場合、しっかり閉じないため、開いている部分があるわけです。
そのため外傷なども、その部分は特に注意しなければなりません。

生後数ヶ月の間は、大泉門がとても軟らかい状態です。
そのためヘアバンドを使うのは、大泉門の閉じるお誕生を過ぎるころからがベスト。

1歳になる前に使うときには長時間使用を避け、ベビー用のゆるめで太めのものがいいでしょう。
それでもせいぜい生後6カ月ぐらいからの使用がおすすめです。