ベビーソープマガジン
> > ベビーソープはデリケートゾーンの洗浄にも使用できる?

ベビーソープはデリケートゾーンの洗浄にも使用できる?

ベビーソープはデリケートゾーンの洗浄にも使用できる?

大人でもデリケートゾーンの洗浄にはとても敏感です。
そのため普通のボディーソープなどではヒリヒリしたり、後から痒みが出たりと、いろいろなトラブルにつながることもあります。

そこで刺激の弱いベビーソープの利用が良いと言われているのです。
ベビーソープがデリケート部分の洗浄によい理由や、デリケートゾーンの正しい洗い方などのご紹介をしたいと思います。

デリケートゾーンはきちんと洗うことが必要

デリケートゾーンをおさえる女性顔の正しい洗い方などは、どこでも紹介されていますが、デリケートゾーンの正しい洗い方はあまり紹介されていないのではないでしょうか。
しかし特に女性にとっては重要なことです。

個人差がありますが、体の中でもとても敏感なところであるため、石鹸成分が直に付いてしまうと、思わず声を上げたくなるほど痛みが走ったということを経験した女性も多いはず。
また清潔に洗っているのに、逆に洗った後に痒みが出てしまったなどという場合も。

このようなときには洗い方や、使用している石鹸の刺激が原因ということもあるのです。
気分良く洗うことができないと、つい丁寧に洗わずサッ洗いで終わらせてしまい、いろいろな細菌などの温床になってしまうこともあります。

さまざまな細菌が存在している

デリケートゾーンにはカンジダ菌、大腸菌、ブドウ球菌などさまざまな細菌が存在しているのです。
複雑に入り組んだ構造をしていることや、オリモノなどの老廃物が付いてしまうこともあって、不潔になりやすい条件が揃ってしまう部分。

また、大陰口にはワキガ汗腺といわれているアポクリン汗腺も存在しており、キレイにしておかないと臭いが強くなる人もいます。

デリケートで洗いにくい部分なので、適当に洗ってしまっている人も多いので、1度洗った後、鏡などで見てみましょう。
思ったより残っていると気付くかも知れません。

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンはとにかく皮膚が薄部分なので、石鹸などを直接塗るとしみてしまいます。
そのためベビーソープなど刺激が少なく、肌に優しい石鹸を使うことが大切です。

そしてスポンジやタオルなどを使わず、できるだけ石鹸の泡立てたものを手に付けて洗いますが、入り組んだ部分であるため汚れが溜まりやすく、指の腹を使って傷付けないように優しく、丹念に洗うことが大切です。

洗う順番は?

洗う順番は陰毛、陰核、性器部分、会陰部分を洗い、最後に肛門を洗うようにしましょう。
陰毛は生えている部分の皮膚をマッサージするようにし、抜ける陰毛はしっかり抜いてしまうことも大切です。

最終的にシャワーですすぎますが、もう一度すすぎながら汚れを取るつもりでシャワーをかけていきましょう。
ただし膣の中まで洗おうとする人がいますが、膣内はpH4程度の弱酸性に保たれているため細菌の侵入を防いでいます。

しっかり膣内まで洗ってしまうと免疫力を低下させてしまうので、洗わないようにしましょう。

デリケートゾーンにはベビーソープが最適

デリケートゾーンの洗い方をご紹介しましたが、ここで使用する石鹸について考えてみましょう。
デリケート部分は皮膚がとても薄いため、とても敏感な部分です。

皮膚が薄いといえば赤ちゃんの肌も同じように薄く、とても敏感になっています。
その赤ちゃんのためのベビーソープこそ、実はデリケートゾーンを洗うきに最適なのです。
もちろんデリケートゾーン専用の石鹸も出回っています。

また、ベビーソープならデリケートゾーンだけでなく敏感肌の方の顔にや体にもおすすめです。
ベビーソープの中でもできるだけ無添加にこだわり、天然由来成分を使用しているものが肌に優しいとされています。

ソープが合ってないとどんなことが起こるの?

体を洗っても特に問題がないボディーソープでも、デリケートゾーンに使用したときに合わないこともあります。
そのようなときには、まず使用したときに痛みやひりひり感があります。

また特に使用しているときには何でもなくても、後で痒みが発生することも。
他に皮膚に炎症を起こし、排尿するときにしみることで気付くこともあるのです。

このような症状は普通1~数日で治りますが、度々繰り返すことで皮膚がより薄くなったり、アレルギーを起こすこともあるので、気が付いたら石鹸やボディソープを替えるようにしましょう。
そんなときにこそベビーソープを使ってみましょう!