ベビーソープマガジン
> > ドルチボーレは水にもこだわった無添加ベビーソープ!

ドルチボーレは水にもこだわった無添加ベビーソープ!

ドルチボーレベビーソープ

デリケートな肌の赤ちゃんのための商品作りをコンセプトにしているブランド「Dolci Bolle(ドルチボーレ)」。店頭販売は現在行っておらず、通販のみでの販売になっているベビーソープです。

通販のみの販売ということもあり店頭で見かけることがないため、知名度としては高くありませんが楽天市場では一時的なリアルランキングで1位を獲得しています。
肌に優しい商品作りを心掛けているため、ドルチボーレは無添加にこだわって作られています。

また、成分だけでなくソープ自体の元となる“水”にもこだわっており、非加熱天然水と言われる「天使の希水」を100%使用して作られているのも特徴です。

ここではドルチボーレを実際に公式通販サイトで購入し、成分や使用感などをチェックしてみたので参考にしてみてください!

ドルチボーレベビーソープの全成分について

ドルチボーレベビーソープの全成分

水、コカミドDEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、グリセリン、ラウラミドプロピルベタイン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、リゾレシチン、コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ケイ酸Na、水酸化レシチン、水添レシチン、ポリアミノプロピルビグアニド、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

上記がドルチボーレに配合されている全成分です。
基本的には天然由来成分ではなくすべて合成成分で作られています。

気になる界面活性剤ですが、

  • コカミドDEA(合成界面活性剤)
  • ラウロイルアスパラギン酸Na(アミノ酸系界面活性剤)
  • ラウラミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)
  • コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)
  • ココイルアラニンNa(陰イオン界面活性剤)
  • ラウロイルメチルアラニンNa(弱酸性アニオン界面活性剤)
  • 水酸化レシチン(合成界面活性剤)
  • カプリル酸グリセリル(合成界面活性剤)

上記の界面活性剤が使用されています。
使用されている界面活性剤の数は多いですが、毒性があるものや刺激が強いものは無く、肌に優しく安心して使用できるベビーソープと言えるアイテムです。

ただし、コカミドDEAに限っては配合量が多い場合発がん性の指摘もあるため気を付けなければいけない界面活性剤です。

鉱物油無添加・パラベン無添加・アルコール(エタノール)無添加・石油系界面活性剤無添加・ノンシリコン

また、界面活性剤だけでなく無添加にもこだわって作られているため新生児でも安心して使用できます。

ドルチボーレベビーソープの主な保湿成分

グリセリン

水溶性の保湿成分で水に混ざると発熱する性質があります。
グリセリン単体で使用されることは殆どなく、ヒアルロン酸やコラーゲンなどと組み合わせて化粧品に使用される基本成分の1つです。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸は安定性・安全性の高い高分子の保湿成分で、肌への馴染みが良く、角質層の水分量を調節しながら保護膜を作ってくれる代表的な成分です。
化粧品に使用される場合、このヒアルロン酸ナトリウムを配合するケースが多く、コラーゲン系の成分との相性も良いです。

PCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム)

皮膚に含まれている天然保湿因子(NMF)の一種で、高い吸湿性があり、肌や髪に安定的な湿潤性・柔軟性・弾力性を与えてくれます
肌への刺激も殆どないため、ベビーのスキンケアアイテムだけでなく多くの基礎化粧品でも使用される美容成分です。

無香料のためストレスなく使用できるベビーソープ

ドルチボーレベビーソープ

ドルチボーレベビーソープは新生児から使用できるベビーソープということもあり、余計な香料はついておらず使いやすいベビーソープの1つです。
大人が嗅いでも全然匂いがしません!

新生児が嗅いでもストレスがかからない匂いというのは限られているため、他メーカーでもできるだけ無香料で作られているベビーソープやベビーシャンプーが多いのはそのためです。

また、ドルチボーレの成分はすべて合成成分のため、天然由来成分特有の原材料臭も無く、香料をつける必要はないのです。

ドルチボーレベビーソープを使ってみた感想

ドルチボーレベビーソープを公式サイトで購入してみたので実際に使った感想を書いてみたいと思います!

ドルチボーレベビーソープ

容量は300ml。ドラッグストアやスーパーで市販されているベビーソープは350mlくらいが平均なので、それらと比較すると若干少なめの量です。
白い丸みがあるボトルでパッケージには「顔・身体用」と書かれています。

ドルチボーレベビーソープ1プッシュ

だいたい1プッシュでこのくらいの量の泡が出ます。
泡のテクスチャとしてはママ&キッズのベビーヘアシャンプーと似ていて、フワフワしたきめ細かく柔らかい泡でした。

ドルチボーレベビーソープ4プッシュ

4プッシュするとこのくらいの泡が出ます。
泡立ちがあまりよくないので、幼児の頭を洗う場合はもう2~3プッシュくらい使うかもしれません。
体も洗う場合はさらにプッシュして使ってください。

泡切れは良かったので濯ぎは楽でした。洗剤や泡がしつこく残ることもないと思います。

大人がドルチボーレベビーソープを使用した感想

公式サイトにも“ファミリーで使える”と記載してあるように赤ちゃんだけでなく、ママやパパなど大人でも使用できる商品となっています。
特に敏感肌の人や乾燥肌などの肌が弱い人は使ってみたいと思うかと思います。
そこで私自身もドルチボーレベビーソープを実際に使って頭を洗ってみました!

ドルチボーレベビーソープの泡

実際に自分の髪に使用してみると5~6プッシュした泡がどんどん髪に吸収されて無くなり、いつも使っているシャンプー(大人用のシャンプー)のような泡立ちになるまで何度もポンプをプッシュしてしまいました。

使用感としては大人が使うにはやはり泡立ちが悪いと思います。

これはドルチボーレベビーソープに限ったことではなく、泡タイプのシャンプーは基本泡立ちが良くないため、多少多めの量の洗剤を使うことは覚悟しておく必要があります。

また、泡切れは良いのですがやはり若干の髪のきしみがあるため、他メーカーのコンディショナーを使ってしまいました。

総合評価「子供なら安心して使用できる!大人にはちょっと物足りない」

ドルチボーレベビーソープ

全成分を見てわかるのがドルチボーレベビーソープの役割は「洗浄」と「保湿」です。むしろそれ以外に余計な成分は入っていません。

大人が使用するにはちょっと物足りなさを感じますが、無添加にこだわって作られているため、赤ちゃんや幼児が使用する分には肌に優しくおすすめのベビーソープです。

ドラッグストアなどで購入したベビーソープの成分に不安がある方や、既に肌トラブルが起きてしまった方などは是非試してみてはいかがでしょうか?

>>ドルチボーレの購入ページはこちら