ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんの頭皮にフケや湿疹が出る原因と対策

赤ちゃんの頭皮にフケや湿疹が出る原因と対策

寝転がる赤ちゃん

特に新米ママにとって、赤ちゃんの異変はとても不安なもの。
赤ちゃんのトラブルでとてもママを悩ませるのは「便の状態」や「むずかり」そして「肌トラブル」などがあります。
ここでは肌トラブルの中でも「頭皮の乾燥」による、フケや湿疹などが気になっているママのために、その原因や予防・改善法などのご紹介をしましょう。

生後数週間~3、4カ月に多く起こる乳児脂漏性湿疹

この時期の赤ちゃんの頭皮乾燥のほとんどは「乳児脂漏性湿疹」となります。
特に新生児の湿疹で発症率も高いと言われている肌トラブルです。

新米ママにとって初めてフケや湿疹を見つけたときには、不安でいっぱいになってしまうかも知れませんね。
この時期にはまだママの体内にいたときの、女性ホルモンの影響によって皮脂の過剰分泌が起こります。

赤ちゃんはあんなに小さくても、大人と同じだけの毛穴があるため新陳代謝が盛んです。
そのためホルモンの影響により、皮脂過多トラブルが起こりやすくなります。

乳児脂漏性湿疹の症状

大量に出る皮脂を、常在菌が分解することで脂肪酸が増えます。
この脂肪酸の刺激によって、赤ちゃんは肌に炎症を起こしてしまうのです。

また毛穴に皮脂が詰まってしまうと、そこから湿疹にもつながります。
特におでこや頭皮など皮脂分泌の多い部分に起こりやすい症状で、手足や体にはほとんど起こりません。

赤いぶつぶつの発疹が頭皮全体に出たり、痒みや炎症を起こしてぐじゅぐじゅすることも。

他にも頭皮などがウロコのようになり、その下に赤い発疹が隠れていることもあります。
布団にかさぶたのようなものが、ボロボロ落ちるほどひどくなることも。
黄色いかさぶたのようなものが皮膚に付いている場合は、乳児脂漏性湿疹と思って間違いありません。

乳児脂漏性湿疹のケアとシャンプーの方法

泡だらけの赤ちゃん乳児脂漏性湿疹の場合、皮脂が多く分泌されているので毎日沐浴や入浴をすることが大切です。
普通は体を清潔にしておくだけで自己治癒していきます。

そのときママがしてあげられることは、まず沐浴や入浴15分程度前に、軽くベビーオイルやワセリン、オリーブオイルなど低刺激オイルを患部に塗っておきましょう。
塗るときにママの指の腹を使って、回すように軽くマッサージをしながら塗ってあげます。

ベビーオイルが合わないときもあるので、そんなときにはオリーブオイルがおすすめです。
オイルが染みて頭皮からフケやかさぶたが浮いてきたら、ベビー用のクシを使って汚れを取りましょう。
バラバラしているタイプのフケや、剥けた頭皮がつながって取れる場合もあります。
無理に剥がすことはせずに、クシを入れて自然に取れるものだけでOKです。

シャンプーをするときも、オイルを塗ったときのように親指の腹を使い、回すように優しくマッサージしながら洗ってあげましょう。
クシで取れなかったフケやかさぶたもこのようにすると、流れてしまうことがほとんどです。

シャンプーの後はすすぎのいらないベビーシャンプーやベビーソープを使用していても、炎症を起こしていることもあるので、しっかりすすぎます。
新しいお湯を別の風呂桶などに入れておき、最後にこのお湯を使ってすすぐといいでしょう。
タオルで優しく拭いて、しっかり乾燥させます。

新生児にはドライヤーなどを使わずに、水分吸収の高いタオルを使うようにしましょう。
ちなみに生後2~3カ月ぐらいになったら、赤ちゃんに冷風でドライヤーを使うこともできます。
そして乳児脂漏性湿疹がひどいときには、天然由来で低刺激のベビーシャンプーやベビーソープを使用するようにしたいものです。

赤ちゃんにおすすめの天然保湿成分

セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、オリーブ葉エキス、トコフェロール(ビタミンE)、ホホバ種子油、オリーブ葉エキス、アロエベラ葉エキス、カミツレ花エキス、ヒマワリ種子油、シアバタ、コメヌカ、ベビーズエマルジョン(セラミド・コレストロール・リン脂質・トリグリセリド)、ヨモギエキス、TEA、ワレモコウエキス、スクロース、しそ葉エキス、ローズマリー葉、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、カンゾウ根エキスなどがあります。

天然植物エキスでつくられた低刺激のおすすめベビーシャンプー

インスタ

天然植物エキスでつくられたおすすめのベビーシャンプーはぬくもり泡シャンプーです。
カンゾウ根エキスやカミツレ花エキスといったフケ予防に効果的な植物エキスはもちろん、肌の修復効果の高い葉酸やビオチンといった成分も配合しているのもポイント。

価格は少々高めですが、その分頭皮にやさしい成分でつくられているため、フケや痒みで酷い乳幼児におすすめです。

ぬくもり泡シャンプーを詳しく見る

生後6カ月を過ぎたら乳児乾燥性湿疹

この時期になると母胎からの影響による乳児脂漏性湿疹が治まりますが、今度は逆に乳児乾燥性湿疹が起こりやすくなります。
この頃の赤ちゃんの肌は大人の1/2とも1/3とも言われており、とても薄いです。

このような状態で皮脂もだんだん少なくなってくると、皮膚細胞の中の水分維持がとても難しい状態になってしまうのです。

頭皮だけでなく、ほほやお腹などもガサガサすることもあります。
そして乳児乾燥性湿疹はあっという間に広がることもあり、初めてのママはきっと驚いてしまうかも知れません。
このようなときには乳児脂漏性湿疹とは違い、予防、改善には保湿が大切になります。

乳児乾燥性湿疹の対策

乳児乾燥性湿疹の場合は、天然由来のベビーシャンプーやベビーソープを使用し、保湿と皮脂の取りすぎに注意しましょう
入浴から上がったらベビーローションやベビークリーム、ベビーオイルなどを付けてあげます。
特に乾燥の強い赤ちゃんは、天然保湿成分配合のものを選びましょう。

赤ちゃんの頭皮のフケ、湿疹の原因

赤ちゃんの頭皮のフケや湿疹の原因として乳児脂漏性湿疹と、乳児乾燥湿疹のご紹介をしましたが、他にも考えられることがあります。

母乳の影響による湿疹

まず母乳の成分によって起こる湿疹です。
授乳中にママがスナック菓子や、肉、揚げ物、ジャンクフード、ケーキなどを好んで食べていると、母乳の中に脂質量が増え、皮脂過剰分泌になってしまうこともあります。
皮脂分泌異常になると、皮脂の多く分泌する頭皮やおでこに、ニキビのような発疹や炎症が発生することも。
ホルモンによる乳児脂漏性湿疹と同じような症状になります。

粉ミルクの成分による湿疹

母乳でなく粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合、ガゼインβやβ-ラクトアルブミンなどが、アレルギー体質の赤ちゃんに反応してしまうことも。
それによって湿疹が発症することもありますが、この場合は直ちにアレルギー用の粉ミルクに変更しましょう。

タバコなどの影響による湿疹

他にもママやパパ、同居の人がタバコを吸う場合、いわゆる副流煙によって薄く弱い赤ちゃんの肌に刺激を与えることもあります。
そこから炎症や発疹を起こすこともあるので注意しましょう。

赤ちゃんの便秘による湿疹

赤ちゃんが便秘をすると、腸から吸収した毒素が血液に乗って肌細胞に配られてしまいます
成人よりずっとデリケートな赤ちゃんの肌は、すぐに反応して肌荒れになることも。

特に母乳で育てられている赤ちゃんより、粉ミルクのみで育てられている赤ちゃんの方が便秘になりやすいと言われています。

爪の伸びすぎに注意

他にも赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、爪も伸びるのがとても早く、ちょっと注意していないと伸びた爪で頭や顔を掻いてしまいます
湿疹ができると余計に痒くなり掻いてしまいますが、肌に傷がつき化膿の原因になってしまうことにもなるので、できるだけ爪は切るようにしましょう。

自己判断で薬を使用したりしないこと

同じような症状でも脂漏性湿疹だろうと思っても、乳児湿疹、脂漏性湿疹、乾燥性湿疹、かぶれ、あせも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの場合もあり、自己判断で薬などを使用することで逆効果になってしまうこともあります。

両親などに喘息やアトピーなどのアレルギー体質があれば、アトピー性皮膚炎の可能性も。
あまりひどい場合は医師に相談してみることをおすすめします。

頭皮へ保湿剤を塗ることがオススメ

乾燥から来るフケであれば頭皮をしっかり保湿ケアしてあげることで改善されることもあります。

「頭皮に保湿剤?」と思う方もいるかと思いますが、無添加にこだわった保湿剤であれば頭皮に塗ってあげても問題ありません。

特にベビーローションであれば使用感もベタつかず、液だれすることなく使えるタイプもあります。

頭皮のフケで悩んでいるママはベビーローションで保湿してあげてみてください。