ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんの肌がひび割れ!乾燥しやすい原因と対策

赤ちゃんの肌がひび割れ!乾燥しやすい原因と対策

ママの手を握る赤ちゃん

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいと言われています。
ひどいときには肌がボロボロになってしまったり、ひび割れができることも。

そんな赤ちゃんの肌を守るためにも、乾燥の原因、注意したいこと、ひび割れの対処法などをご紹介したいと思います。

赤ちゃんの乾燥肌の原因

赤ちゃんはしっとりと、ふっくら肌だと思っている人も多いはず。
でも赤ちゃんを実際に育てていくと、肌トラブルが多いことに驚いているママもいるのではないでしょうか。
そんな赤ちゃんの乾燥の主な原因は以下の通りです。

赤ちゃんの肌の厚みは大人の半分以下

赤ちゃんの肌はデリケートと言われますが、実は表皮の厚みは大人の半分以下とも言われており、赤ちゃんの皮膚はとても薄いのです。

大人の体の中で一番肌が薄ところが目の回りと言われていますが、目の回り肌が全身の肌だと考えると、赤ちゃんの肌がとてもデリケートであることが実感できます。
そのため皮膚内の水分も蒸発しやすく乾燥しやすいのです。

そしてガードする機能もまだ未熟ということもあり、当然紫外線の影響も受けやすく、大人より肌トラブルが起こりやすいと言えます。
もともと乾燥しやすい肌であり、よだれをしょっちゅう拭く口の回りなどは、特に皮脂も減り乾燥しやすくなります。

お風呂の温度や石鹸に気を付ける

沐浴する赤ちゃん
赤ちゃんのお風呂や沐浴のときの、お湯の温度にも注意しましょう。
40度程度のお湯に浸かると、赤ちゃんの毛穴の中の皮脂はキレイに取れてしまうと言われているほど。
パパと一緒にお風呂に入るときなどは、温度は少しぬるめにし、浸かる時間も注意が必要です。

また赤ちゃんはまだそんなに汚れはひどくありません。
大人用の石鹸やボディソープを使うと汚れだけでなく、皮脂など脂分も取りすぎてしまうので肌に優しくできるだけ無添加のベビーソープを使うようにしましょう。

ただし沐浴剤のみでは、皮脂の多い時期は洗浄力が足らないことも。
そのためそんな時期にはベビーソープを利用するといいでしょう。

部屋の環境、布団、服に気をつかう

部屋の環境としては暖房や冷房の入れすぎということがあります。
どちらも乾燥しやすい状態を作ってしまうので、加湿器を使うなど湿度に注意しましょう。

また布団が多すぎると、体温が高まり乾燥しやすくなります
服も着すぎも同様に、肌の乾燥につながります。
赤ちゃんはまだ体温調整がしにくいため、体温が高まってしまい乾燥につながるのです。

母乳の質の問題

赤ちゃんはまだママの母乳で育っている時期です。
母乳の質の低下が赤ちゃんの肌荒れにつながり、それが乾燥肌につながることになると言えるでしょう。

お母さんがスナック菓子、インスタント食品、揚げ物、アルコール、カフェイン、タバコなどを多く摂っている場合、赤ちゃんに影響を与える結果になることも。
これは赤ちゃんの肌だけでなく、健康やアレルギーにもつながる可能性も指摘されているので注意しましょう。

遺伝の影響

もちろん敏感肌やアレルギーなども遺伝の場合があります。

肌トラブルを起こす何らかの遺伝子を持っている場合は、よりスキンケアをしっかりしてあげたいものです。
敏感肌、アレルギー、ニキビなどは遺伝する可能性があります。

水分不足

赤ちゃんの場合は母乳やミルクが中心ですが、乾燥しているときや汗を多くかいたときには、お白湯などを飲ませるようにしましょう。

月齢が進んできたら、余計水分を与えたいものです。
そのときに甘い飲物は避け、お水を沸かして冷やしたお白湯がおすすめ。

赤ちゃんの乾燥肌を予防する

いろいろな原因によって赤ちゃんの肌が乾燥しやすいことは、お分かりになったと思います。

しかし赤ちゃんの肌が薄くデリケートであることが大きな原因であり、ある意味避けることは出来ないとも言えそうです。
そこで少しでもデリケートな肌が乾燥をしないための予防策として、どのようなことを考えるべきかまとめてみましょう。

保湿剤を使用する

保湿する赤ちゃん
保湿剤として、ベビーオイル、ベビーローション、ワセリン、乳液などがあります。
どんなにナチュラルな安全性の高い商品であっても、成人用のものは刺激が強いので、赤ちゃん用の保湿剤を選びましょう

赤ちゃん用の保湿剤は、極力安全にも気を使っているものがほとんど。
例えばワセリンなどでも赤ちゃん用は、純度も最高級のものとなっています。

ただし赤ちゃん用という保湿剤の中でも、ナチュラルへのこだわりはいろいろです。
大人用のものを避け、赤ちゃん用の中でこだわりのある良質なものを選ぶといいでしょう。

加湿器を上手に利用する

暖房、冷房などを使用することで、湿度が低くなって乾燥してしまうこともあります。
加湿器を上手に利用し、常時部屋の中の湿度を50~60%に保つように注意しましょう。

お風呂でも注意することがいっぱい

赤ちゃんにぴったりの温度は約38度と言われています。
大人の感覚ではちょっとぬるめの温度です。
40度程度の温度では、肌の必要な皮脂まで取れてしまうと言われています。

また赤ちゃんの肌はとても薄いので、ゴシゴシしないこと。
優しくガーゼなどで洗って上げましょう。
ママの手の平でも十分です。

しかし大人用の石鹸類は皮脂を落としすぎるので、上記でも解説した通り、赤ちゃん用のベビーソープやベビーシャンプーを使いましょう。

また、石鹸分はしっかり落とすように、すすぎはきちんとすることが大切です。
沐浴用のボディーシャンプーなどはすすぎ必要なしですが、できればキレイなお湯をくみ置きしておき、最後に掛けるといいでしょう。
肌の弱い赤ちゃんは、すすぎ不要のシャンプーでも石けん分が残ってしまうと悪影響を与えることがあります。

カサカサ、ひび割れは乾燥性湿疹の可能性

乾燥肌によって、湿疹ができやすくなります。
特に乾燥性湿疹は、赤くカサカサした肌に痒みが生じるものも。
赤ちゃんは寝ているときに体温が上昇することから、痒みが強まることもあります。
そのため夜中に目を覚ましてぐずってしまうことも。

ひび割れやカサカサが目立つようであれば、乾燥性湿疹の疑いもあります。
また乾燥性湿疹はアトピー性皮膚炎につながることもあるので、放っておかないようにしましょう。

ひび割れをケアする

赤ちゃんの肌にできるひび割れは、手の甲やほっぺなどに出やすいと言われています。
ひび割れが出来てしまったら、まずお風呂上がりの早いうちにベビーローション、ベビーオイル、ワセリンなどを塗ってあげましょう。

お風呂から出ると、どんどん肌蒸発が始まります。
少しでも早くスキンケアをしてあげることで、水分の蒸発を防ぐことができるはず。

お風呂上がり3分~5分の間にはスキンケアをしてあげましょう。
ただしベビーローション、ベビーオイル、ワセリンなどは、たくさん塗ればいいというものではありません。

逆にたくさん塗ると悪影響が出てしまうため、極力薄く塗ることが大切です。
特にほっぺの肌は乾燥のバロメーターとも言われています。
ほっぺが乾燥している状態であれば、全身注意が必要だと考えるべきです。

そんなときにはお風呂上がりに全身マッサージをしながら、ベビーローションなどを優しく塗りつけて上げましょう。

95%以上が保湿成分でできたおすすめのベビーローション


ベビーローションもメーカーによって様々ですが、私がおすすめなのはぬくもりミルクローションです。

コスメコンシェルジュの方がご自身の経験から開発された商品だけあって、保湿力はもちろん、使用感も良く非常に使いやすいと評判となっています。

無添加・天然植物エキスでつくられているため、肌にもすごくやさしい処方になっているため、新生児からでも安心して使用することができます。

>>ぬくもりミルクローションの詳細

赤ちゃんの乾燥肌はいつまで続くのか?

多くの赤ちゃんが乾燥肌による肌トラブルを経験します。
しかし赤ちゃんによって状態はさまざま、改善時期もそれぞれです。
大体の目安として、いつまで続くのか知っておきましょう。

まず新生児ニキビは、ポツポツとしたできものから乾燥が引き起こされるもので、大体1~3カ月程度で改善されていきます。
その他湿疹は、新生児ニキビより長引くこともあります。
大体1歳ぐらいまでには改善されるようになるでしょう。

これらの治る時期とは、肌荒れが起こっては治り、治ってはまた起こるという繰り返しが、根本的に改善される時期のことを指します。

またアレルギー性皮膚炎は月齢が進むにつれ悪化することも
ある程度大人になると治まる場合もありますが、仲良く付き合う覚悟も必要です。
食物アレルギーによる皮膚トラブルの場合は、原因を避けることが一生必要となります。