ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんが肌を痒がっている場合の対処法とは

赤ちゃんが肌を痒がっている場合の対処法とは

湿疹がある赤ちゃん

赤ちゃんは肌トラブルがとても多いため、ちょっとしたことでも痒がってしまいます。
赤ちゃんの肌トラブルにはさまざまな原因がありますが、多くは赤ちゃん特有の肌トラブルが多いようです。
どのような原因によって痒みが起こるのか、考えられる原因と対処法をご紹介しましょう。

新生児ニキビ

新生児ニキビの原因

生後1週間から1カ月~3カ月の間に多く発症する思春期ニキビのように、中央に芯のある吹き出物です。
ぽつぽつと出てくるものや、細かいぶつぶつが増えるタイプなどがあります。
特に頭皮、おでこ、ほっぺなどにできやすく、顔全体が真っ赤になってしまうこともある肌トラブルです。

原因はママのホルモンの影響を受けて、皮脂が異常に多く分泌することによって起こる赤ちゃん独特のニキビです。
生後3カ月ぐらいまでには、自然に治っていくものです。
たった1カ月ぐらいの期間発症する症状なので、上手に対処して乗り越えることが大切です。
しかし炎症がひどくなり化膿するなど、重度になったときには医師に相談しましょう。

新生児ニキビの対処法

いつも清潔にすることが重要です。
毎日お風呂に必ずいれてあげること。
そして頭や顔など、新生児ニキビができやすい部分は、沐浴剤などではなく肌に優しいベビーソープなどでしっかり洗うようにしましょう。

沐浴剤だけでは皮脂が多いときには少し洗浄力が弱い場合があるので、ベビーソープやベビーシャンプーを使用します。
すすぎもしっかり行うことも大切です。
そしてお風呂から上がったら、保湿ローションなど赤ちゃん用の保湿剤を薄くつけておきましょう。

乳児脂漏性湿疹

乳児脂漏性湿疹の原因

新生児ニキビと同じく、赤ちゃんの痒みのある湿疹の中では、とても多いと言われている皮膚症状です。
顔面や頭部に黄色いかさぶたができたり、フケが出たりするところが特徴です。
痒みはあまり強くないため、多くの赤ちゃんはかきむしることはありません。

しかし炎症が起こると赤く腫れ、患部がじゅくじゅくすることもあります。
このような状態になったときには、悪化してしまっているので痛みを感じることもあるため、医師に相談することをおすすめします。

赤ちゃんにはとても多い皮膚トラブルの一つですが、なかなか治らないときにはアトピー性皮膚炎の可能性もあります。
何回も繰り返し炎症を起こすようであれば医師に相談し、アレルギーの有無を検査すべきかも知れません。
アトピー性皮膚炎とこの時期は、素人では判断がつきにくいとも言われています。

乳児脂漏性湿疹の対処法

やはり清潔にすることが一番大切です。
黄色いかさぶたやフケなどが見られるときには、お風呂に入る15~30分前にオリーブオイルやベビーオイルなどで、その部分をママの指の腹で優しくクルクルさすりながらつけておきます。

その後、お風呂で洗って上げるとすっきり取れます。
お風呂から上がったら、ベビーローションなどを全身に薄くつけてあげましょう。
顔や頭皮にタップリつけるようなことは逆効果になります。
どこも均等に薄くつけてあげましょう。

汗疹

汗疹の原因

特に夏などは汗疹ができやすいと思われていますが、実は冬にも赤ちゃんは汗疹ができるのです。
その原因には寒い冬だからこそ、部屋を温かくしすぎたり、服をたくさん着せすぎたり、布団を掛けすぎたりという原因があります。

赤ちゃんはママより代謝が激しく体温も高いため、大人の感覚で服や布団を調節してしまうと、赤ちゃんは汗をかいてしまうことも。
特に赤ちゃんは首が座るまでは首が動かせないため、首に集中してたくさんの汗疹ができることも。

オムツをしている部分などは排出物の毒素、蒸れ、摩擦などから汗疹ができやすくなります
また布団で寝ている時間が長いわけですが、寝返りがうてないため布団に当たっている頭部や背中などもできやすいのです。

汗疹の対処法

汗疹の対処法は汗を必要以上にかかないように、コントロールすることが大切です。
赤ちゃんの状態を見るためには背中に時々手を入れて、汗の状態をチェックするといいでしょう。
厚着や布団のかけ過ぎには注意をしたいものです。
おしめはこまめに替え、お尻を優しくキレイに拭いてあげることも大切です。
その上で毎日キレイにお風呂に入れてあげましょう。

汗疹の悪化を抑えるために、汗疹ができているところに薄くワセリンなど塗っておくと予防になるでしょう。
特におしめの赤くなっているところは、おしめの擦れからも守ることができます。
痒みが強いため爪でひっかいてしまうことも多く、黄色いブドウ球菌に感染し化膿してしまうことも。

そのようなことが起こらないように爪のケアを怠らず、手袋などを上手に使いましょう。
またお尻に汗疹ができたら、おしめをしない時間を作ることもおすすめです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の場合、いろいろな部分に湿疹ができます。
痒みが強いので、掻き壊してしまうことも。
乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、何度も繰り返すので、その場合は早く医師に相談しましょう。

アトピー性皮膚炎の対処法

痒みのために赤ちゃんが寝られなかったり、ストレスで成長にも影響が出てしまうため、ひどい時には医師の処方による薬で痒みを止めることも大切です。

またアレルゲンの検査をしてアレルギーの原因が分かれば、原因を避けることもできます。
アトピー用の刺激の少ないベビーソープなどを使うなど、アトピー用のスキンケアを使うようにしましょう。

アレルギー

アレルギーの原因

食物アレルギーによる湿疹や、ダニなどのハウスダストによるアレルギーがあります。
これは医師の診断でアレルギー検査によってアレルゲンが分かるものです。

湿疹がなかなか治らないときには、アレルギーによる湿疹の可能性もあります。
アレルゲンが分かれば、アレルゲンを避けることで湿疹を予防しましょう。

アレルギーの対処法

とにかく湿疹が長続きするなら、医師に相談しましょう。
アレルゲンの検査によってアレルゲンがはっきりしたら、それを避ける生活を考えるようにしなければなりません。

ハウスダストなどの場合は徹底的に掃除をし、空気洗浄機などの使用のも対処法の一つです。
特にダニ対策を徹底するため、ダニ対策商品などを上手に使うことも考えましょう。

症状の判断に迷ったら病院へ

どの症状か判断に迷った場合は病院へ行き、適切や診察をしてもらうことをおすすめします。
しっかりとした治療をすることで症状の治りも早いため、独断で判断せず病院を利用してみましょう!