ベビーソープマガジン
> > ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーは独特なアロマの匂いが特徴

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーは独特なアロマの匂いが特徴

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプー泡タイプ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマー カンパニーが開発したベビーシャンプーの1つ「ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプー泡タイプ」。
CMなどのメディアや、スーパーやドラッグストアでも見かけることの多いブランドのため、知っている方も多いかと思います。

このジョンソンシリーズはベビーシャンプーだけでも他に「ベビー全身シャンプー泡タイプ」「ベビーうるおい全身シャンプー泡タイプ」といった種類が発売されているため、どれを買えばいいのかも迷ってしまうほどです。
今回は私が一番気になっていた「すやすやタイムベビー全身シャンプー泡タイプ」を実際に購入してみたので、その使用感などをレビューしてみたいと思います。

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの全成分

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの全成分

水、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、ポリソルベート20、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、フェノキシエタノール、香料、メチルパラベン、クエン酸、EDTA-4Na、プロピルパラベン、エチルパラベン、メチルイソチアゾリノン

上記がジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーに配合されている全成分です。
実は商品パッケージと公式サイトに記載されている成分表記が違うのでどちらが正しいのかはわかりかねますが、ここでは一応公式サイトに記載されているものを引用しています。

気になる界面活性剤ですが、

  • ラウリン酸PEG-80ソルビタン(合成界面活性剤)
  • ポリソルベート20(非イオン性界面活性剤)
  • ラウレス硫酸Na(陰イオン界面活性剤)
  • コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)
  • ラウロアンホ酢酸Na(アミノ酸系洗浄成分の両面界面活性剤)

上記の界面活性剤が使用されています。
特に毒性が強いものや刺激が強い界面活性剤は無いため問題はないと思われます。

低刺激・弱酸性・無着色・アレルギー/皮膚刺激性テスト済

しかし、気になる成分もあります。
プロピルパラベン、エチルパラベンといった表記がある通り、パラベンフリーではありません

パラベンはアルキル基が長くなると刺激が強くなるため、数種類のパラベンを使用しているというのはベビーソープやベビーシャンプーにとっては心配な点ではあります。

また、EDTA-4Naという成分も皮膚への刺激性が強く、眼刺激性では顕著な発赤が起きる事例も発表されているそうです。
そのため現代では大人用のシャンプーや化粧品であっても使用されることの少ない成分となっています。

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの保湿成分

上記の原材料を見てもらえればわかるかもしれませんが、配合成分は洗浄成分(界面活性剤)と防腐剤が殆どのため、有効な保湿成分は配合されていません。
そのため、パサパサ髪やチリチリ髪、乾燥肌などで悩んでいる子供にはあまりおすすめできないシャンプーかもしれません。

すやすやタイムの特徴は何といってもアロマの香り

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプー

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの特徴は何といっても香料です。
他にも多くのベビーソープやベビーシャンプーを使いましたが、このジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーは1番匂いが強かったです。

パッケージに新生児から使えると記載はされているけど、正直使うのが怖いくらいアロマの匂いが強いベビーシャンプーだと思います。
ストレスがかかりやすい新生児が嗅いでいい香料はラベンダー、もしくはカモミールというのは業界では有名な話なので、ここまで強気で香料を配合できるのはある意味凄いと思いました。

アロマがブレンドされた独自成分「ナチュラルカーム」
※香料の安全性を管理しているIFRA*2の基準に加え、更に自社基準を設けて、赤ちゃんにやさしい香料を配合

公式サイトは上記のように書かれていました。
ちなみにこの香料はかなり強めなので、自分の手にも匂いがしばらく残ります。

ジョンソンすやすやタイムを実際に使ってみた感想

近くのドラッグストアで販売されていたジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーを実際に購入して使ってみたので、使用感などの感想もレビューしたいと思います!

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプー

容量はたっぷり400ml入っています。
スーパーやドラッグストアで同じように市販されているピジョンママ&キッズといったベビーソープはだいたい平均350mlのものが多いため、それらと比べると多めに入っていることになります。

ちなみに全身シャンプーということで身体だけでなく頭も洗うことができます。
ボトルも独特な形をしているため、容器からオリジナルにこだわっていることがわかります。

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの1プッシュ

ジョンソンのボトルを1プッシュするとだいたいこのくらいの泡が出ます。
写真では伝わらないのが残念ですが、1プッシュでもすごいアロマの香りが伝わってきます。

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの4プッシュ

4プッシュすると手のひらいっぱいの泡が出ます。
テクスチャとしては柔らかめの泡なので、数十秒経つと溶けて手のひらから落ちそうになる感覚です。
泡立ちも悪くないため、幼児の頭を洗う分にはこれくらいの量でも十分かと思います。

匂いの好き嫌いは個人差がるため何とも言えませんが、私自身の感想としては「最初は新鮮で良かったけど慣れてくるとしつこい匂い」という感じです。

大人の洗髪にジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーを使用してみた

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーの泡

私自身がジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプーを使ってみた感想としては、やはり大人のシャンプーとなると泡立ちは良いとは言えません。
特にロングヘアの人は多めに洗剤を使用するため、通常のシャンプーよりもコスパは悪くなる可能性があります。

また、大人の人が泡タイプのシャンプーを使う理由としては敏感肌の人や肌の弱い人が多いと思いますが、そういった目的の人はベビーブーバアロベビーといった天然由来成分でつくられた更に肌に優しい泡タイプのシャンプーをおすすめします。

結論としては使う用途がこのアロマの香りが好きだからという人以外は大人には向いていません。

総合評価「アロマの香りが好きな人にはおすすめのベビーシャンプー」

ジョンソンすやすやタイムベビー全身シャンプー泡タイプ

保湿性や安全性はあまり評価できませんが、何といっても特徴はアロマの香りのため、とにかく匂い重視の人が選ぶベビーシャンピーだと感じました。

ただし、アロマといっても色々な種類があるため、購入前に想像するのは難しいと思います。
価格は高価なものではないため、気になる人は一度使用して匂いを確かめてみてはどうでしょうか?