ベビーソープマガジン
> > ママ&キッズベビーヘアシャンプーは保湿力に優れた頭皮専用シャンプー!

ママ&キッズベビーヘアシャンプーは保湿力に優れた頭皮専用シャンプー!

ママ&キッズベビーヘアシャンプー

低刺激処方にこだわった赤ちゃんや子ども用のスキンケアアイテムとして有名なブランド「ママ&キッズ」。株式会社ナチュラルサイエンスが運営するブランドです。
非常に多くの商品数を取り扱っており、ベビースキンケアグッズは業界トップクラスの数を誇ります。

使ったことが無いという人でも、たまごクラブやひよこクラブなどのマタニティ雑誌で一度目にしたことはあるのではないでしょうか?

ママ&キッズはデリケートな赤ちゃんの肌でも使用できることをコンセプトとしているため、できるだけ無添加にこだわって作られています。
今回はママ&キッズのベビーヘアシャンプーを実際に購入してみたので、成分や使用感をチェックしてみたいと思います!

ママ&キッズベビーヘアシャンプーの全成分について

ママ&キッズベビーヘアシャンプーの全成分

水、グリセリン、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、キシリトール、トレハロース、ベタイン、ソルビトール、PCA-Na、イソステアリン酸コレステリル、コレステロール、オリーブ油、セラミド2、水添レシチン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリクオタニウム-51、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール

上記がママ&キッズベビーヘアシャンプーに配合されている全成分です。
成分数は非常に多く、その数はベビーソープ(ベビーシャンプー)業界でもトップクラスの成分数になっています。

ただ、敏感肌の赤ちゃんのことを考えると成分の数は多ければ良いというものではないため、配合成分をしっかり確認する必要があります。

使用されている界面活性剤は

  • ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系界面活性剤)
  • ラウロイルアスパラギン酸Na(アミノ酸系界面活性)
  • ココアンホ酢酸Na(ベタイン系の両性界面活性剤)

上記の成分が使用されています。
ただし正確にはポリクオタニウム-51、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、ポリクオタニウム-10といった成分も界面活性剤の仲間には入るのですが、今回は保湿剤やコンディショニング剤としての役割を果たしているところが多いと思いました。

界面活性剤としてはどれもマイルドなものを使用しているため、洗浄力は落ちますが肌にへの刺激は少ないのが特徴です。

パラベン無添加・アルコール(エタノール)無添加・鉱物油無添加・石油系界面活性剤無添加・ノンシリコン

上記のように無添加にもこだわってつくられているようです。

ママ&キッズベビーヘアシャンプーの主な保湿成分

ママ&キッズベビーヘアシャンプーには多くの保湿成分が配合されていますが、主な成分を見てみましょう。

BG(ブチレングリコール)

アセトアルデヒドと呼ばれる化学物質から合成される多価アルコール類で、吸湿性や保水性に長ける成分です。水とよく馴染むため肌をしっとりさせてくれます。
アルコール類ということで抗菌性の働きもあり、化粧品自体の防腐作用としても働きます。
天然由来成分ではありませんが低刺激なことも特徴です。

グリコシルトレハロース

保水性が高く水分量を維持できる優れた保湿成分です。乾燥を防ぎ角質層を潤すことで肌のバリア機能を高めてくれます
保湿クリームやオールインワンゲルでも使用されることが多く、ベビーソープでもアロベビーやベビーブーバといった他のメーカーでも使用されています。

加水分解水添デンプン

トウモロコシ由来のデンプンを酵素溶液で反応させ、さらに水素を加えた保湿成分。グリコシルトレハロースとの相性も良いため一緒に配合されることの多い成分です。
保湿の持続性も高く、抗炎作用も高いことから乾燥肌や敏感肌の人に向けた医薬部外品に配合されることも少なくありません。

トレハロース

酵母、海藻類、キノコ類に含まれる糖類に分類される成分です。角質内の水分を補う効果や、肌に薄い膜を作り水分を蒸発させない効果を持っています。
保湿スキンケアアイテムに配合されることも多く、潤いをキープしてハリや弾力のある肌に整えてくれます。

無香料のためシャンプーは無臭!原材料臭もいない!

ママ&キッズベビーヘアシャンプー

ママ&キッズベビーヘアシャンプーは無香料のため全然匂いがしません!
香り付きが好きな人にとっては物足りない感はあるかもしれませんが、下手な匂いが付いているよりは使いやすい印象を受けました。

何より新生児は匂いに対してストレスを受けやすく、使用できる香料は限られているため無香料であれば無難だと思います。

※アロマ業界では新生児に使用できる香料はラベンダーとカモミールだけと言われていて、それ以外の香料を使用できるのは1歳半頃と言われています。

合成成分だからこそ無香料でも使いやすい

天然由来成分のシャンプーはどうしても天然素材特有の原材料臭がしてしまうため、オーガニックの香料を使用するケースが多いのですが、ママ&キッズは合成成分のため無香料で作っても原材料臭がしないのです。

実際にママ&キッズベビーヘアシャンプーを使ってみました!

ママ&キッズベビーヘアシャンプーを実際に購入して使用した感想を書いてみたいと思います!

ママ&キッズベビーヘアシャンプー

容量は370ml。ドラッグストアなどで市販されているベビーソープと比べると若干多めとなっています。(※平均すると300~350mlのタイプのものが多い)
白く丸みのあるボトルでパッケージには「頭皮用泡タイプ」と記載されています。

ママ&キッズベビーヘアシャンプーの残量

ちなみにボトルにはソープの残量がわかる窓がついています。

ママ&キッズベビーヘアシャンプー1プッシュ

1プッシュでこのくらいの量の泡が出ます。ふわふわした泡でテクスチャとしては触り心地の良い泡だと感じました。

ママ&キッズベビーヘアシャンプー4プッシュ

4プッシュでこのくらいの泡が出ます。
本来このシャンプーは全身用ではなく頭皮用なので、1歳児の頭を洗うにはだいたい4~5プッシュの量で足りるのではないかと思います。

ソープ自体が無香料のため、余計な匂いもなく使いやすかったです。

大人がママ&キッズベビーヘアシャンプーを使ってみた感想

「ママ&キッズ」というブランド名からも伝わるように、シャンプー自体は赤ちゃんや子供だけでなくママやパパなど大人でも使用できます。

特に通常の大人用シャンプー頭皮の赤み、フケ、乾燥といったトラブルが起きてしまう敏感肌や乾燥肌の人は肌に優しい泡タイプのベビーシャンプーを使用してみたいと思う人も多いかと思います。

そこで私自身がママ&キッズベビーヘアシャンプーを実際に使用し、使用感を確かめてみました。

ママ&キッズベビーヘアシャンプーの泡

正直泡タイプシャンプーあるあるの事ですが泡立ちはすごく悪いです。
5~6プッシュを髪に馴染ませたところすぐに泡が消えてしまい、物足りなさを感じました。

もちろん泡が消えても頭は洗えているのですが、やはり大人が使用する時は“洗浄感”も欲しいと思う方も多いと思います。

通常の大人用シャンプーと同じくらいの泡立ちをするにはかなりの量を使用しなければいけないため、大人が毎日使用し続けた場合はすぐソープが無くなってしまいます。

コスパという面で考えるとあまり大人には適していないのかもしれません。

総合評価「子どもの頭皮が荒れて悩んでいる人向け」

ママ&キッズベビーヘアシャンプー

ママ&キッズベビーヘアシャンプーは無添加で低刺激のため、頭皮にトラブルが起こって悩んでいる赤ちゃんや子どもにおすすめの頭皮専用のベビーシャンプーです。

ちなみにママ&キッズには全身用シャンプーもあるため、体も洗いたい人はそっちのタイプを使用することをおすすめします。

ドラッグストアなどで市販されているベビーソープやベビーシャンプーが子どもの頭皮に合っていないと感じた場合は是非使ってみてください。