ベビーソープマガジン
> > 乾燥肌には保湿性の高いベビーソープを選ぼう

乾燥肌には保湿性の高いベビーソープを選ぼう

乾燥肌には保湿性の高いベビーソープを選ぼう

赤ちゃんはとても肌がデリケートです。
特にちょっとしたきっかけでも乾燥肌になってしまいます。

そんな敏感な赤ちゃんの肌の保湿のために、いろいろな注意が必要です。
もちろん保湿性の高いベビーソープを選ぶことも重要なこと。
ではなぜ赤ちゃんは乾燥に注意しなければならないのか、そして保湿のためにはどのようなことが大切なのかなどまとめてみましょう。

赤ちゃんでも乾燥肌になるの?

赤ちゃん赤ちゃんの肌と言えば、理想の肌というイメージがあります。
プリプリ、モチモチ、プニョプニョ、ツヤツヤの最高の肌のはず……。
しかし本来の肌はとても敏感肌のため、ちょっとした刺激からでも乾燥肌になってしまうのです。

皮脂過剰分泌から普通の状態に戻る

生まれたての赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいて、エストロゲンの影響を受けていたために、皮脂分泌過剰の状態になっています。
そのため乾燥肌とは関係ない、しっとり肌でいられるわけです。

しかし生後2~3カ月頃になると、異常なほどの皮脂分泌過剰は落ち着くようになります。
それによって肌細胞内の水分量も減少し、赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなるのです。
生後2~3カ月頃が冬に当たる場合は、湿度も低い状態なので乾燥肌になりやすいと言われています。

表皮の薄さがより乾燥肌に

人の肌の表面には、バリアとして働いてくれる表皮がありますが、成人の場合大体ラップ程度の厚さと言われています。

しかし、赤ちゃんは成人の半分以下の薄さしかないので、ちょっとした刺激、気温、湿度などによってもすぐに表皮が傷付き、肌細胞内の保水ができなくなり乾燥肌となってしまうのです。

また、バリアが壊れてしまうと紫外線や乾燥、細菌、石けんなどの刺激などによって傷付きやすく、肌荒れが悪化したり保湿が保てなくなるという悪循環にもなってしまいます。

沐浴も注意しよう

沐浴中についガーゼなどでこすってしまうと、大人の感覚では軽くこすったつもりでも、赤ちゃんの薄い皮はダメージを受けてしまいます。
また、ベビーソープなどによっても刺激の強いものや、合わないものは注意しなければなりません。

保湿性の高いベビーソープを選ぼう

ベビーソープは保湿性の高い物を選ぶようにしたいものです。
さらに肌への影響を考えると天然由来成分中心で出来ているものがおすすめ。

例えば保湿性に優れたアボカドオイルや、天然油脂配合のタイプもおすすめです。
また保湿成分として、脂肪酸コレステリルやヨモギエキス配合のベビーソープもおすすめ。

無添加で低刺激のベビーソープを選ぶ

赤ちゃんの保湿を守るためには、保湿性の高いベビーソープであると同時に、低刺激なベビーソープを選ぶことが大切です。

合成香料、合成保存料、合成着色量、など添加物を徹底的に排除したものがおすすめ
これらは大人でも肌荒れを起こしてしまいます。
界面活性剤も天然系の肌に優しいものが使われているものを選ぶようにしましょう。

さらに保湿剤でケアをする

ベビーソープも保湿性の高い物を選びますが、他にも沐浴の後などにプラスする物をご紹介しましょう。
保湿効果とともに、おしめやベビー服などの摩擦から守るためにもベビーオイルや、馬油、ベビーローション、ベビー乳液、ベビー用ワセリンなどもおすすめ。

また、夏などはしっかり保湿ケアをすることであせもや乳児湿疹などの予防にもなります。

部屋の湿度も注意

赤ちゃんの肌はしっとりしているように見えていても、乾燥肌にすぐ変わってしまう危険性があります。
そのため、スキンケアだけでなく部屋の湿度も考えるようにしましょう。

特に冬を過ごす赤ちゃんの場合は湿度を40~60%に保つようにしたいものです。
加湿器を使ったり、部屋の中でタオルなどを干すだけでも湿度は相当変化するはず。
湿度計を部屋に掛けておくといいでしょう。

保湿力が高い無添加ベビーソープでおすすめはこれ

保湿力が高く無添加ベビーソープでおすすめはぬくもり泡シャンプーです。
15の無添加はベビーソープジャンルの中ではさすがにトップクラスだと思います。

もし肌トラブルが起きてベビーソープを天然のものに変えてみたいという方はぬくもり泡シャンプーがぴったりかと思います。