ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんに吹き出物?新生児ニキビの原因と対策

赤ちゃんに吹き出物?新生児ニキビの原因と対策

赤ちゃんの寝顔

赤ちゃんにも「あれ?吹き出物かな?」と思うような、吹き出物がポツンとできていることがあります。
また、みるみるうちに吹き出物がどんどん広がってしまうことも。

そんなときには新生児ニキビの可能性があります。
赤ちゃんに多い新生児ニキビの特徴や原因、対策などについて考えてみましょう。

新生児ニキビってなに?

新生児にはいろいろな湿疹ができることがあります。
そんな中でも新生児ニキビという名前を初めて聞いたママは
「新生児にもニキビができるの?」
と思うことでしょう。
一体新生児ニキビとは、どういうものなのしょう。

新生児ニキビは生後2週間から1カ月ぐらいの、いわゆる新生児と言われる赤ちゃんに多く見られる肌トラブルの一つです。
赤ちゃんの肌の湿疹はその原因がとても特定しにくく、湿疹全体をまとめて乳児湿疹と言います。

そのため乳児湿疹の症状にはカサカサしているものや、じゅくじゅくしているもの、痒いものなどさまざまです。
そんな乳児湿疹の中で、思春期のニキビのように白い芯が吹き出物の中心にあり、おでこ、頬、頭などにできるものを新生児ニキビと言われているのです。

新生児ニキビの特徴について

いろいろな乳児湿疹がある中で新生児ニキビの特徴は、膿を持っているのでまるで大人ニキビそのもの。
赤いぶつぶつがたくさんできる場合と、単独で一つ二つとできる場合があります

また一つ二つできたところから急に多数広がってしまうことも。
ぽつぽつした突起だったものが、炎症を起こし、化膿してしまうこともあります。

新生児ニキビの原因は

新生児ニキビの原因は、赤ちゃんのホルモンバランスの変調が関係しています。
一般のニキビに似たメカニズムによって起こる場合などがありますが、どのような原因があるかまとめてみました。

ホルモンによる原因

生まれて間もなくの期間は、ママからのホルモンの影響がまだまだ強い時期。
その上赤ちゃんの皮脂腺は、大人のように完成されていない状態です。

ホルモンの影響で分泌が増えてしまった皮脂の排出ができず、毛穴の中に詰まってしまうことによって新生児ニキビは起こります。
特に皮脂の多いおでこや頬、地肌などに出やすいと言われています。

布団などによる原因

新生児はまだ首も座らず、寝ている時間が多く寝返りもできないので、長時間同じ部分が布団に当たっていることになります。
赤ちゃんは体温も高く汗をかきやすい体質なので、どうしても布団と触れている部分は蒸れてしまいがちです。

蒸れてしまった皮膚は、ちょっとした雑菌も侵入しやすくなります。
そのため毛穴に入り込んだ細菌によって、吹き出物やニキビが発症してしまうということもあるのです。
この場合、細菌が毛穴で増殖し細胞の中に侵入してきます。

そのため免疫システムによって炎症を起こし、外敵を体内に入れないように白血球が集まり、その結果炎症が起こり膿が溜まってしまうのです。

炎症が続くときには医師に診てもらいましょう。
炎症がひどいということは外敵がなかなか死滅せず、どんどん体内に侵入しようとしているということなのです。

母乳の影響

赤ちゃんの体が影響を受けやすいものはママの母乳です。
ママが薬などを飲んでいる場合は、すぐに医師に相談しましょう。
サプリなどでも、授乳中は相談してから飲んだ方が良いと言われています。

また脂分やタンパク質が多い食生活は注意しましょう。
野菜をたくさん食べて、栄養のバランスの取れた食事を摂るようにしたいものです。

お酒やタバコなどはできるだけ避けるようにしましょう。
ただし母乳が湿疹の原因という、はっきりした化学的根拠はまだないので、異常に神経質になったり、自分に対して責任を感じたりすることはありません。

保湿不足

新生児ニキビの原因には保湿不足もありますが、いわゆるそれは直接的な原因であり、保湿不足の原因はいろいろあります。

もともと赤ちゃんは代謝がとても激しく、肌の再生も大人より早いのです。
そのため古くなった角質もたくさん発生します。
そんな角質が毛穴に溜まってしまい、そこに皮脂が絡み雑菌が異常繁殖することでニキビができてしまうのです。

保湿不足には赤ちゃんの肌質の特徴が原因していることも。
赤ちゃん特有の非常に薄い肌は乾燥しやすく、また紫外線の影響も受けやすく、保湿不足の原因になります。

新生児ニキビにニキビ薬は効果あり?

新生児ニキビができたときに、ニキビ薬は効果があるかと思われますが、やはり大人用のニキビ薬は赤ちゃんの肌には刺激が強すぎます。

市販薬でもステロイドが含んだ塗り薬も結構多く、赤ちゃんにつけると一時的にスッと治ったようになりますが、つけなくなるとどんどんひどい症状が出るようになったりすることも。

またカンジダなどのカビは、ステロイドで抵抗力が低下した肌に増殖しやすく、カビによる皮膚病が発症することもあります。
新生児の肌には、絶対に医師の処方以外の薬の使用は避けるべきです。

あまりにも新生児ニキビの広がりが急激であったり、炎症がひどい場合は医師の診断を受けた上で、処方された薬をつけるようにしましょう。

新生児ニキビは自然に治る

新生児ニキビは特に治療をしなくても、適正な対処をしていれば自然に治るものです。
多くの赤ちゃんが経験することであり、焦ることも不安に感じることもありません。

母胎の影響を受けていた赤ちゃんもだんだん新陳代謝によって体質も変化し、生後3~6カ月ぐらいになると新生児ニキビは自然に発生しなくなります

大切なことは、新生児ニキビが発症している短期間の間に悪化させないことです。
そのためにも適切な予防と対処を怠らないようにしましょう。

新生児ニキビの予防・対処法について

お肌を清潔にすること

基本的には清潔にすることが大切です。
毎日のお風呂も大切ですが、この時期には沐浴剤だけでなくベビー用のベビーソープなどで顔を洗うようにしましょう。

とは言っても大人用のソープは逆効果になるので、赤ちゃん用のソープを使用することと1日1回の洗顔で十分です。
ただし皮脂が異常に多くなっている、新生児ニキビができている時期には、沐浴剤だけでは皮脂を取りきれない可能性があるためベビーソープを使用します。

ベビーソープはできるだけ肌に優しく、無添加で天然由来成分のタイプを選ぶようにしましょう!

環境も清潔に

やはり赤ちゃんの肌にいつも付く可能性のある、洋服や布団類は清潔にしておくことが大切です。

新生児ニキビができる時期には、ちょっとした細菌などが毛穴の中で増殖してしまいます。
赤ちゃんなどはミルクや母乳を口から出してしまったり、吐いてしまうことも多々あること。
それらも時間とともに雑菌の住処になってしまいます。

保湿ケアも

ニキビと保湿が関係あるとつながらないママもいるかも知れません。
ニキビというと乾燥肌より皮脂の多いオイリー肌を思い浮かべます。

もちろん皮脂の多いオイリー肌であっても、皮脂分泌異常には変わらないのです。
保湿はとても重要であり、肌のメカニズムを早く正常にするためにも保湿を重視しましょう。

そのため、お風呂から上がったら、ベビーローションなどを使用して体中つけてあるようにします。
ただし、濃くつけることは逆効果になってしまいます。
毛穴が詰まってしまうような付け方はせず、薄くのばすようにつけてあげましょう

爪のケアも

ニキビのぶつぶつを、寝ているときに?いてしまうこともあります。
特に夜は体温が高くなるため、夜中に?いてしまうことが多いのです。

そのため爪をきちんと切っておくようにしましょう
赤ちゃんは代謝が高いため、あっという間に伸びてしまいます。
掻くことで炎症を助長してしまうこともあるので、いつもきちんと爪ケアをしておくことも忘れないようにしましょう。