ベビーソープマガジン
> > ベビーソープと界面活性剤の関係について

ベビーソープと界面活性剤の関係について

ベビーソープと界面活性剤の関係について

最近界面活性剤について、あまり良くないということを耳にしたことはないでしょうか?
無添加のソープやシャンプーなどに、界面活性剤不使用などと謳われているものも多くなっています。

そんな界面活性剤はベビーソープにも使われているのでしょうか。
そしてそれは危険なことではないのか不安を持っているママも多いはず。そこで界面活性剤についてもう少し掘り下げてみましょう。
またベビーソープには使われているのかということも気になるところです。

界面活性剤とは?

洗剤やソープ、シャンプーなど、さまざま洗浄剤には界面活性剤が使われています
界面という意味は表面のことであり、2つ以上の混じり合わないものが合わさったときには、必ず界面が存在します。
つまり混じりあって1つのものに溶け合わない場合は、それぞれに表面があり、表面と表面がぶつかりあって溶け合わないわけです。

例えば石けんで言うと、肌と石けん、水と汚れ、肌と汚れなど、これらすべてそれぞれ界面が存在しており、1つに溶け合うことはありません。
界面活性剤とは、このような界面の性質を変える物質のことを言います。

水と油は溶け合ったように見えても溶け合わない関係です。
そこに界面活性剤をプラスすることで、水と油を溶け合わせることができます。

界面活性剤自体の分子には水と溶け合う親水性の部分と、逆に水と溶け合わない疎水性の両方の特徴を持っています。
それによって水と油の仲を取り持つ仲介役をする物質なのです。

界面活性剤は天然界面活性剤がいいの?

界面活性剤にはいろいろな種類があります。
その中でもいろいろな種類があり、界面活性剤がすべて悪者のように言われています

実際に毒性が強かったり、効果が強すぎて逆に刺激が強いタイプのももちろんあります。
しかし、それとすべての界面活性剤を危険分子のように扱うこととは別の問題です。

化学的な処理を行わない天然界面活性剤を含み、原料的に分けると天然系界面活性剤石油系界面活性剤とに分かれます。
天然系界面活性剤は刺激も低く安全性も高いため、ベビーソープなどに使われても安心と言えるでしょう

天然にこだわった良質の化粧品やソープ、シャンプーなどは、合成界面活性剤を使わず天然系界面活性剤を使用していることがほとんどです。
界面活性剤そのものを毛嫌いすると、本来の働きを果たすことができなくなってしまいます。

界面活性剤という言葉に異常反応せず、石油系界面活性剤を避けるように考えるべきではないでしょうか。

界面活性剤の種類

界面活性剤には天然界面活性剤と合成界面活性剤があります。
そして合成界面活性剤には天然系界面活性剤と石油系界面活性剤に分かれるのです。

天然系界面活性剤には

  • 石けん系
  • 脂肪酸エステル系
  • アミノ酸系

があり、石油系界面活性剤には

  • 高級アルコール系
  • 石油系

が存在しています。

天然界面活性剤(天然系界面活性剤)

牛乳の中に含有されている天然界面活性剤の代表的な成分の1つがガゼイ。
他に卵の黄身の中に存在し、油と水を一体化させるレシチン。

マヨネーズなどはこのレシチンの働きで油と酢が1つに混ざります。
他にもお茶などに多く含まれているポリフェノールの一種のサポニンも、その働きがあります。

石けん系界面活性剤(天然系界面活性剤)

天然系界面活性剤の1つに石けん系があります。
天然の油脂に苛性ソーダを反応させることで発生するのが石けん系界面活性剤です。
ヤシ油からつくられる石けんの主成分でもあるラウリン酸Naも石けん系の1つで、肌に優しい成分です。

脂肪酸エステル系界面活性剤(天然系界面活性剤)

脂肪酸としょ糖を反応させて作るもので、ラウリン酸スクロース、ミリスチン酸スクロースなどがあります。
低刺激で敏感肌の人にも使われます。

アミノ酸系界面活性剤(天然系界面活性剤)

アミノ酸の一部を含む界面活性剤です。
アミノ酸系は肌にとても優しいためベビーソープなどにも使われやすい界面活性剤と言われています。

N-アシル-L-グルタミン酸ナトリウムは、アミノ酸系を代表する低刺激のアニオン界面活性剤で、ラウロイルメチルアラニンNaはキメ細かい泡立ちが特徴のアニオン界面活性剤です。

価格が高いこともあり、シャンプーの主成分にはあまり使われていません。
安全性と肌への優しさからベビーソープに使われています。

他にも両性界面活性剤もベビーシャンプーなどに使われており、コンディショニング効果も高く、安全性も高い成分です。

高級アルコール系界面活性剤(合成界面活性剤)

細かく分類すると、高級アルコールと脂肪酸から作ったものは天然系界面活性剤。
そして石油から作ったものは合成界面活性剤に分類されますが、一応ここでは高級アルコール系界面活性剤は、すげて合成界面活性剤と分類してお話をしたいと思います。

ポリオキしエチレンラウリルエーテル硫酸塩は、台所用洗剤や一般のシャンプーに使用されている界面活性剤です。
他にもラウリル硫酸塩は、石けんカスの出ない成分として、台所用洗剤、家庭用洗剤、シャンプーなどに使われました。

1930年に発売されたときには、肌に優しいという触れ込みでしたが、それから90年近くもたち、今では洗剤などに使われることがほとんどです。

石油系界面活性剤(合成界面活性剤)

石油を原料とした界面活性剤です。
洗浄力が高いので洗濯石けんなどで使われています。
肌には刺激が強く、安全性にも疑問視されている部分もあるようです。

ベビーソープは殆ど天然系界面活性剤が使用されている

ベビーソープに限らず、石油系界面活性剤は避けたいものです。
ベビーソープの場合は特に安全性と肌への刺激などを考えると、やはりほとんどのベビーソープにはこの天然系界面活性剤が使用されています。

そしてベビーソープの場合は、パラベンフリーなど無添加のものを選ぶようにしたいものです。
やはり赤ちゃん用のものは、そのぐらいの意識を持って作っているメーカーの商品を選びたいものです。