ベビーソープマガジン
> > 赤ちゃんの保湿にワセリンは本当に効果的なのか?

赤ちゃんの保湿にワセリンは本当に効果的なのか?

水面

赤ちゃんの肌はあんなにキレイに見えても、トラブル続き。
とても敏感で不安定な赤ちゃんの肌は、大人の半分以下の薄さだからです。
そんなトラブルにワセリンが使われますが、ワセリンについてもう少し考えてみましょう。
ワセリンを使ったマッサージなどは母子のスキンシップにも最適です。

ワセリンについて

ワセリンはご存じのとおり、保湿のために化粧品などにも使われています。
安全性が高いことでも知られていますが、実は石油を精製して作られた自然オイルです。
唇や髪の毛にも使用できる、刺激と副作用の低いオイルなのです。

ワセリンの種類

ワセリンには2つの種類があります。
純度の違いが特徴ですが、白色ワセリンと黄色ワセリンの2つです。

ワセリンの種類 特徴
黄色ワセリン 純度が低く、価格はとても低価格となります。不純物が多いため敏感肌には避けたいタイプです。もちろん赤ちゃん用などにも適当ではありません。特に外国製のものがほとんどです。
白色ワセリン 黄色ワセリンより精製度が高く不純物がほとんど含まれていません。見た目の色も白色。価格は多少高くなりますが、赤ちゃんに使われるベビーワセリンなどは薬局や医療機関をはじめこの白色ワセリンが推奨されています。

ワセリンは肌トラブルを治すものではない

ワセリンは抗炎症効果や殺菌効果、かゆみ止め、痛み止めなど、肌トラブルを治す効果はありません。

そのため薬のように考えないようにしましょう。
しかし肌を守り、自己治癒力を高め改善に向かうことと、肌トラブルの予防に役立ちます。

ワセリンの効果

乾燥肌に対しての効果

乾燥している肌の場合、ワセリンを塗ることで皮膜機能が低下した赤ちゃんの肌に、皮膜を薄く乗せたようなものです。

そのため肌水分の蒸発を抑え乾燥から予防し、ウイルスや細菌、紫外線などの刺激から守ります。

おむつかぶれ、よだれかぶれに対しての効果

おむつかぶれやよだれかぶれのように、かぶれにも効果を発揮します。
もちろん、かぶれを治療するものではありません。

しかし、おしっこやよだれの刺激で、かぶれた肌の表面をワセリンが薄くカバー。
かぶれ予防にもなり、かぶれている部分は薄く膜を張ることで、悪化を防ぎます。

乳児湿疹や新生児ニキビに対しての効果

乳児湿疹や新生児ニキビは誕生してから数ヶ月の間に発症することがほとんどです。
ほとんどの赤ちゃんが起こる症状です。
どちらも保湿と保護がとても重要になります。

そのためワセリンは薄い皮膜の代わりになるため、肌組織から水分の蒸発を防ぎ保湿をアップ。
低下した皮膜機能をサポートします。

汗疹、湿疹などに対しての効果

薄皮膜の代わりになるため、汗の刺激、細菌やウイルスなどからも守り、汗疹や湿疹の予防と自己治癒力を高めます。

ワセリンの基本的な使い方

白色ワセリンワセリンを塗る場合、摩擦を起こさないように優しく塗るようにしましょう。
強く擦ると刺激で肌によくありません。塗り込むものではなく、皮膚の上に薄く伸ばすというイメージです。

優しくぬることでママと赤ちゃんのスキンシップも。寒い季節には手の平でいったん温めると薄く伸ばせます。薄く塗ることが大切です。

ワセリンを塗るタイミング

赤ちゃんの場合は特に汗や汚れをしっかり取った、お風呂上がりがおすすめです。
お風呂から出てから、水分をしっかり取ってからワセリンを優しく塗りましょう。
ワセリンを塗るママの手も清潔にしないと炎症などの原因となります。

塗る量について

ワセリンを塗る場合、とにかく薄く膜を張るというイメージでぬります。
多く塗りすぎたり重ね塗りをすると、ベタついてしまうことだけでなく、毛穴を塞いでしまったりするのです。

ワセリンの注意点

古い物に注意

ワセリンを使用するとき、去年使ったものや、兄弟が使った2年前のものというような古いワセリンは避けましょう。

ワセリン自体に殺菌力などがないため、雑菌に反応して劣化することも。
酸化も注意しなければなりません。
不純物も増加してしまうので、開封したものを使い、半年以上たったものは捨てるようにしましょう。

紫外線に注意

紫外線
ワセリンを塗ったすぐ後は、直接日光に当てないようにしましょう。
紫外線からも肌を守る働きはありますが、ワセリンを塗った直後は油分が残っているので、直射日光によって日焼けに注意が必要です。

副作用はないのか

赤ちゃん用のワセリンは特に精製純度が高いため、不純物はゼロに近いと言われています。
しかしそれでも敏感肌やアトピー肌の人にとっては、希に刺激を感じ炎症を起こすことも。
微量の不純物でも反応してしまうことがあります。

痒みや痛みが出たときには、合わない可能性があるのですぐに使用を中止しましょう。
医師でも処方される安心できる成分のオイルですが、やはり合わないときにはすぐに医師に相談するようにします。

スキンケアには万能なローションタイプがおすすめ


乳幼児のスキンケアならベビーローションが一番おすすめです。

ベビークリームやベビーオイルなど保湿剤にもいろいろなタイプがありますが、ローションタイプが一番油分と水分のバランスが良く肌になじみやすいです。

特にローションの中でもミルクタイプは保湿性も高いため、万能型のアイテムとして乳幼児期のスキンケアに役立ちます。